HOME > コンサルティング > 経営コンサルティング > 人材育成・人事制度  > 役員報酬制度の再構築

人材育成・人事制度 - 役員報酬制度の構築

役員報酬制度の再構築

お問い合わせ

コーポレートガバナンス改革の一環で役員報酬の合理化と透明化が課題となっています。 委員会設置会社の場合は報酬委員会の役割権限が規定されており、これに沿った役員報酬制度にする必要があります。 従来型の企業であっても役員報酬の開示圧力が高まっています。 従業員への成果主義を軸とする人事制度の導入が一巡しつつありますが、本来なら役員に対して先行して役割や実績に基く処遇制度を導入すべきと考えられます。

役員報酬の見直しは大きく分けて「水準の妥当性検討」と「報酬体系の整備」があります。 水準の問題は社長報酬の水準と役位間・社員最上位者との比較、社外取締役や監査役とのバランスなどが論点となります。 報酬体系については、月額報酬の決め方、税制面を考慮した役員賞与のあり方、退職慰労金の存廃、長期インセンティブ報酬の是非などが論点です。

日本経営システムのコンサルティングにおいては、ステークホルダーに対する透明性確保という目的だけでなく、役員の活力維持向上という視点を重視した検討を行います。

<役員報酬制度の一般的検討領域(グループ経営の例)>

役員報酬制度の一般的検討領域(グループ経営の例)

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別