HOME > コンサルティング > 公企業体コンサルティング  > 第三セクター再生

公企業体コンサルティング

第三セクター再生

お問い合わせ

この様な時に日本経営システムを

地方自治体の財政悪化を背景に、財政健全化法により各自治体とも財政の建て直しが求められています。そして自治体の財政悪化要因の一つとみられている第三セクターも財政再生が強く要請されています。
第三セクターの財政再生に関し、日本経営システムでは

  • 収益改善策に重点を置く「短期支援」 から、
  • 事業スキームを再構築し関係者調整に重点を置く「長期支援」

まで、幅広い観点から検討のお手伝いをいたします。

 

検討の姿勢

基本的には民間企業と同様の方法で検討を進めますが、以下のような第三セクターであるが故の留意事項も十分に考慮して検討します。

1.財政再生の着地点

   第三セクターでは、事業目的や設立時の事情により再生の着地点について純民間企業とは異なる特殊要因があると認識しています。当面の財政的支援の合意状況に応じて、財政支援をどこまで抑えるか等を慎重に確認します。

2.収支・財務目標、経営計画の立案

   需要予測では、期待的な数値を持たれやすいものです。再生計画の立案にあたっては、第三者的かつ長期的な視点に立った検証を実施します。

3.地方公共団体関係部局との協同作業

   第三セクターの経営者、社員に留まらず、地方自治体の関係部局とも繰り返し協議を実施し、合意形成に努めます。

4.財政的支援、債務調整、資本政策

   財政的支援や債務調整、資本政策について、事業スキーム、収支・財務構造を確実に把握・分析し、調整の方向性の提示、協議資料準備などを中心に支援します。

地方自治体・第三セクター関連のコンサルティング事例

事例1:地方公共団体が出資する鉄道会社の事業継続支援-短期支援例

徹底した施策の展開により、地域の足として必要最小限のサービスを確保しつつ、経費の一層の削減を進め、地方公共団体の財政的支援を軽減できるよう再生計画を立案。行政担当者との徹底的な協同作業により計画の実現を確実なものにした。

事例2:港湾埋立・開発・販売法人の事業継続計画立案、実施支援-長期支援例

不動産価格の急落により、従来の借入金返済計画が達成困難に至り、新たな事業スキーム構想と着地までの債務調整シナリオを提示し、行政担当部局、第三セクター経営者を長期的に支援し、構想どおりの着地を果たした。

事例3:第三セクター統合による地方公共団体の財政負担軽減-長期支援例

同じ目的で設立された2法人につき対等合併の方針の下、組織、各制度などの統合計画と長期事業収支計画を立案し、両経営者はじめとする関係者の調整を支援しつつ、統合を果たした。

事例4:中央卸売市場のあり方検討(地方自治体)

老朽化が進み、近い将来必要となる大規模な再整備に向けて、市場の課題を整理し、将来像を策定して再整備の代替案を基本構想レベルで設定した。

公企業体コンサルティングの実績例を用意してありますので、ご覧ください。

公企業体コンサルティング実績一覧

民間企業においても多くの関連実績例を用意してありますので、ご覧ください。

左の「コンサルティング実績」のテーマ別で検索してください。

具体的なコンサルティングについてはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ(問い合わせ種類は“公企業体コンサルティング”を選択してください)

TEL:03-6865-1391(公企業体グループ)

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別