HOME > 日本経営システムとは  > 経営コンサルティングの特色

日本経営システムとは

経営コンサルティングの特色

お問い合わせ

日本経営システムのコンサルティングは、3つの「基本姿勢」と、2つの「コンサルティングスタイル」にあります。これを徹底することによりお客さまに独自の価値が提供できるものと信じています。

基本姿勢

経営コンサルタントは顧客の主体的な経営改善活動のお手伝い役です。経営目標の達成や経営革新の実現に向けて、顧客の主体性が最大限に発揮されるようなプロジェクト運営と実施可能なプランづくりを心がけ、社内の足並みを揃えることが、日本経営システムのコンサルタントの役割であると考えています。

注文仕立てのスーツ

経営者のご依頼の趣旨をよく承り、問題の本質と背景を深くとらえ、注文仕立てのスーツのように着心地のよい具体策を作り上げます。

対話の果実

関係者と十分に協議を重ね、文字どおり対話の果実として革新的で実践的なプランを生み出します。検討の全過程を通じて関係者の気持ちを揃え、実施に向けた動きをつくり出すことを心がけます。

長所を伸ばす

経営の革新とは重点に力を集中し、思い切って長所を伸ばすことだと考えています。
事実をありのままにとらえ目に見えない長所に光を当て、手を揃えてそれを伸ばす準備をします。

独自のコンサルティングスタイル

「協同作業方式」「完全専従方式」は我々の理念と基本姿勢を実践するために、30年以上にわたって培ってきた独自のコンサルティングスタイルです。

徹底した協同作業方式

日本経営システムの協同作業は、ご依頼先とコンサルタントが異質の知恵を出し合って相乗の効果を発揮することを意味しています。自らの知識や経験におぼれることなく、関係者の意見や現場の事実に謙虚に耳を傾け、ともに考え、ともに汗を流して、納得づくのプランを作り上げます。

コンサルタントの完全専従方式

期限内に効果的、効率的な検討を行うために、日本経営システムはコンサルタントの完全専従方式を原則としています。掛け持ちをせずにそのプロジェクトに専念することにより、高密度な検討が可能になり、経営者や関係者との緊密な協同作業が実現できます。

独自の価値の提供

「基本姿勢」と「独自のコンサルティングスタイル」に基づき以下のような日本経営システムならではのコンサルティングの価値を提供させていただきます。

オーダーメイドのプラン

〜経営者の思いを受け止め、常に経営全体の視点に立って課題解決を図る

どのような課題を検討する場合でも、その背景に遡って本来の目的を確かめ、経営方針やより上位の経営課題との整合性をとりながら解決策を練り上げます。制度やシステムといった個別具体的なテーマも、目的に立ち返って経営全体の視点で捉えなおします。

〜個性を生かした独自性のあるプランをつくる

あるべき論や出来合いの考え方を安易に持ち込まず、また自分のアイデアにおぼれずに、ご依頼先の特質を生かした独自性のあるプランを作り上げることに腐心します。

〜既成概念や社内常識を問い直し、事実に基づいて深く考える

ある時期ある環境下で意味を持っていた方針や仕組みも、時代が変わり環境が変わる中でその意義をなくしてしまうことがあります。課題解決に際して大切なのは、既成概念や社内常識、過去の成功体験を鵜呑みにせず、常に事実を確認し、事実に基づいて深く考えることです。

スピーディな検討

〜意思決定のタイミングを逃さない、短期集中型の検討

私どもは、「協同作業方式」と「完全専従方式」により短期集中的な検討を実現します。

〜期限を守る

検討期間内に仕上げることが課題解決の鉄則です。いつまでも答が出ないプロジェクトは誰からもあてにされなくなり、社内の協力も得られなくなります。

確実な実施定着

〜実施に向けた動きをつくる

私どもはプラン作りの段階から実施定着を意識して取り組みます。検討のあらゆる側面で関係者に働きかけ、その意見を汲み上げ主体者意識を盛り立てることにより、改善・改革に向けた社内の気運を高めます。

〜必要に応じて実施段階でのフォローアップ・支援を行う

プランを実務に落とし込む段階で多大なエネルギーを必要とします。また実務の段階ではより具体的・実践的な応用動作が必要になります。このような場合に、ご要請があれば実施移行を円滑に行うためのフォローアップや支援を行います。

組織活力の高揚

企業にとって何より大切なのは社員の活力です。私どもの重要な役割は、状況認識からプランづくり、実施の準備まで全ての過程を通じて課題解決に向けた関係者の主体者意識を盛り上げ、改善・改革の気運を高めることです。社員が存分に力を発揮できる環境・条件を整えることにあると考えます。

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別