HOME > 日本経営システムとは > 出版物のご案内  > 戦略思考ノート

出版物のご案内

戦略思考ノート

お問い合わせ

戦略思考ノート

A Note on Strategic Thinking 『戦略思考ノート』

人と組織が動く革新の論理

日本経営システム 編著
本体価格1,900円(税込1,995円)
ダイヤモンド社

経営革新とは、煎じ詰めれば「新たな目標に向けて人の心を揃え、足並みを揃えること」と考えます。
創立30周年を記念して、日頃のコンサルティングで実践してきた経営革新に関する重要な考え方をとりまとめました。 25の経営革新テーマについて具体的な取り組み

目 次

まえがき

第一部 重要革新テーマ25

  • テーマ 1 固定資産から「アセット・リエンジニアリング(資産再構築)」への転換で"資産の経営効率"を高める
  • テーマ 2 まず"業務の理想形"を描いてみることが「ERP導入」の前提
  • テーマ 3 「ABC(活動基準原価計算)」は企業の本質に関わる有効な道標
  • テーマ 4 「株式公開」は可否よりも是非をまず問うこと
  • テーマ 5 「企業価値創造経営」による経営体質の改革
  • テーマ 6 「キャッシュフロー経営」とはバランスの良い意思決定で企業価値を高める努力
  • テーマ 7 「グループ企業合併」を成功させる鍵は"共通の目標"と"融和"
  • テーマ 8 「グループ連結経営」成功の鍵は、親会社中心思想の変革
  • テーマ 9 「経営再建」とは改革のシナリオを描き全社員の意識を結集すること
  • テーマ 10 「研究開発組織再構築」の鍵は"選択と集中"
  • テーマ 11 「事業化判断に役立つ市場調査」に求められるのは"主体者意識"
  • テーマ 12 「執行役員制」を機能させるには取締役会改革が不可欠
  • テーマ 13 「社内カンパニー制」はグループ経営の枠組みの中で力を発揮する
  • テーマ 14 「情報システム開発」の要点は"何のために"を突き詰めること
  • テーマ 15 「人材育成型人事制度」の構築は"人材像の明確化"から
  • テーマ 16 「人事制度の目的」は"人を生かす"こと
  • テーマ 17 「新製品開発力の強化」は人と道具の両面から
  • テーマ 18 「専門スタッフ業務改革」の鍵は既成概念の払拭
  • テーマ 19 「中期経営計画」は固めた経営意思で"非凡な成果"を平凡な方法で生む手段
  • テーマ 20 「組織フラット化」の鍵は役割と仕事の再構築
  • テーマ 21 「分社化」を成功させる鍵は"独自採用"の推進
  • テーマ 22 「凡事徹底」は経営革新の連続プロセス
  • テーマ 23 「本社部門効率化」の鍵は"量の削減"ではなく"質の変革"
  • テーマ 24 「目標管理」は単なる"制度"ではなく"マネジメント"そのもの
  • テーマ 25 「リスクマネジメント」は"企業文化"として定着させるべきもの

第二部 経営革新の基本手順と要点

  • ステップ 1 これまでの路線や経営の座標軸、社内常識等を改めて問い直す
  • ステップ 2 経営革新の必要性・目的・方向性について共通認識を確立する
  • ステップ 3 目指す姿、到達すべき目標を具体的、定量的に定める
  • ステップ 4 目指す姿・目標に到達するためのシナリオを描く
  • ステップ 5 目的に照らして必要な仕組み(組織、制度、システム)を設計する
  • ステップ 6 シナリオの実現や仕組みの実施に向けて「共感」の輪を広げ「動き」を作る
  • ステップ 7 実施定着の努力を粘り強く続ける
    この過程を通じて新たな価値観が浸透し体質が変わる

あとがき


「戦略思考ノート」に関するお問い合わせは

「戦略思考ノート」は、お近くの書店にてお求め下さい。
なお、店頭にない場合には取り寄せにてお求めになれます。

内容に関するお問い合わせは

日本経営システム株式会社 企画部
03-6865-1391(代表)
03-6891-0189(FAX)

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別