HOME > コンサルティング > 研修・セミナー  > マネジメント研修

研修・セミナー

マネジメント研修

お問い合わせ

マネジメント人材が身につけるべき力は、的を射た課題形成をする力と適切な意志決定をする力にあります。
課題を形成するということは、いま何に取り組むべきか、を明らかにすることです。また適切な意志決定を行うためには複数の代替案を念頭に、評価要素を正しく選定し、既成概念にとらわれない公平な比較検討を行うことが不可欠です。

日本経営システムの研修では、現役の経営コンサルタントが研修を担当し、同じ目線で討議をコーディネートし、参加者に課題形成と意志決定のポイントを習得して頂きます。
研修内容は、研修対象者や研修ニーズに応じてオーダーメイドで設計しています。以下のような実践的なプログラムをご提供しています。

ご提供プログラム

経営幹部研修 オーダーメイド型のセミナーです。経営幹部に必要な課題解決力、意志決定力などの向上を期待している企業からのご依頼を頂いています。
講義だけでなく、自社の具体的な課題を取り上げてディスカッションしたり、トップマネジメントに報告、協議することを通じて、トップマネジメントの思いを感じ取ったり、トップマネジメントの意志決定の仕方に触れることにより実際の課題解決の要諦を学んで頂きます。
オフサイト
ミーティング
オフサイトミーティングは重要な経営課題について役員や上級管理職の間で問題や改善アイディアの共有ができていない場面で、関係者が一堂に会して話し合うことにより、一挙に課題の解決を図る手法です。コンサルタントがコンサルティングの場で発揮するファシリテーションを提供することで、課題解決に向けた話し合いが効率的に進むようご協力します。
重要課題の方向付け、中長期ビジョンの見直しといったテーマを取り上げ、行動に結びつくアウトプットを出すことを期待するご依頼が多くなっています。
関連会社
トップ人材研修
企業の上級管理職が、グループ会社の社長に就任する際の知識や心がけを習得することに焦点をあてた研修です。グループ経営の重要性が高まる中、グループ各社のトップ人材の水準をそろえたいとのご要望を踏まえ、短期集中的で実践的な構成にしております。
職能別組織の中で能力と経験を蓄積した上級管理職が、関連会社に派遣されたとたんに、自らが営業、財務、人事など経営全般に責任を持たねばならなくなります。研修を通じて部門長としての視点とトップマネジメントとして経営全般に対して目配りすることの違いを肌で感じていただけるようカリキュラムを工夫しています。
経営改善
セミナー
金融機関の部店長クラスの「課題形成力、問題解決力の向上」を狙いとして開発されたセミナーです。過去40年を超える実績があり、多くの金融機関に参加いただいております。
また、この最近は金融機関に限らず、事業会社の上級管理職の経営改善力育成のセミナーとしてもご活用頂いております。

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別