HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 本物の革新は地味なもの

経営理念

本物の革新は地味なもの

No.367 2000年11月号

お問い合わせ

今月の視点

かつて経験したことのないスピードで構造改革を迫られている。 今まで良かれと思ってきた価値観や制度・仕組みが容赦なく問い直されている。新旧の価値観が激しくぶつかりあっている。

今までの通念や慣行に囚われれているようでは、思い切った革新は覚束ない。 新しい発想や戦略思考がかつてなく求められていることも確かである。
しかし本物の革新は地味なものというのが実感である。
形を変えてみても意識が変わらなければ意味がない。意識を変えるには燃えるような使命感と執念、 粘り強い対話が欠かせない。当たり前のことをどこまで粘り強く続けられるかである。
今月は日頃経営革新のお手伝いをしながら、我々が大切にしたいと自戒していることをまとめてみたい。

経営理念
関連項目

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別