HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > グループ連結経営をすすめるには

経営戦略・事業計画 - グループ経営

グループ連結経営をすすめるには

No.370 2001年2月号

お問い合わせ

今月の視点

株式公開会社をはじめとして有価証券報告書提出会社は2000年以降企業内容の開示が連結中心になった。 従来の単体中心の開示と比較して企業の会計制度及び開示内容が一変したといっても過言ではない。

連結開示企業グループ全体のぎょうせきを投資家に示すことであり、経営者は連結ベースの財務情報や 連結数値が親会社を含めたグループ全体の経営に与える影響、例えば、資金調達の有利不利を決める格付評価、 株価水準等を常に意識することが求められる。連結ベースでの企業グループ戦略を従来に増して考えざるを得なくなる。

事業部制、カンパニー制、分社に加えて純粋特殊会社が設立できることになり、事業組織設計の選択肢が拡大した。 未公開会社にあっても将来の事業発展や株式公開を視野に入れ、自社及びグループの事業組織のあり方や それに伴う経営管理のすすめ方を検討するよい機会である。

今月はグループ連結経営について一緒に考えてみたい。

グループ経営
関連項目

実績

食品・飲料・アグリカルチャー
ガバナンス(企業統治力)強化によるグループ全体の収益力向上

観光・レジャー・外食
シェアードサービス会社の効率性・妥当性等に関わる調査

食品・飲料・アグリカルチャー
グループ経営および中期重点課題の検討

機械・エンジニアリング
グループのマネジメントスタイルの変革

建設・不動産・住宅
持株会社体制を視野に置いたグループ企業の再編

流通・小売
グループ経営基本方針の策定とシェアードサービスの導入

化学・金属・素材
グループ総合力を活かすための中長期計画の策定

交通・運輸・旅行
事業別の方向付けに基づくグループ経営計画の策定

エネルギー・ユーティリティ
連結経営に対応したグループ経営のあり方

エネルギー・ユーティリティ
グループ企業変革プロジェクトの長期継続支援

交通・運輸・旅行
オーナー系企業グループの将来構想策定

経営シリーズ

No.563 2017年3月号
中堅企業の海外事業運営の留意点

No.558 2016年10月号
改めて問う海外進出の意義

No.556 2016年8月号
海外市場からの撤退

No.541 2015年5月号
持株会社方式での経営統合推進の視点

No.517 2013年5月号
将来に向けたグループ再編

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別