HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 環境保全の経営戦略への統合

組織・経営管理 - CSR経営・ISO等認証取得支援

環境保全の経営戦略への統合

No.393 2003年1月号

お問い合わせ

今月の視点

地球という生態系の中で“持続可能な発展”を続けるために環境経営の重視がうたわれて久しい。 特にここ2~3年は各種環境法が整備されたことも影響し、環境保全に対する認識は高まっている。

しかし、多くの企業が環境保全を理念に掲げてはいるものの、ゴミの分別・コピー用紙の削減、 ISO14001の取得に留まることが多く、事業本来の活動に結びついている例は先進企業に限られている。

環境保全を「環境対策」という視点で捉える限り環境対策費というコスト増加要因が発生するが、 これを「社会的なニーズの構造変化」として捉えるとそこにはビジネスチャンスが生まれる。 環境保全に対する理念を事業の中で具体的に展開し、顧客の価値観の変化を見極めながら 自社の理念と活動を顧客に訴求していくことで、事業の発展と“持続可能な発展”の共生が見えてくる。

今月は、利益を追求する企業が環境保全という社会的な要請とどう向き合うかを実際の事例をもとに考えてみたい。

CSR経営・ISO等認証取得支援
関連項目

経営シリーズ

No.432 2006年4月号
CSR(企業の社会的責任)経営

No.391 2002年11月号
環境マネジメントシステムの構築

No.372 2001年4月号
ISO9000認証取得

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別