HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 経営改革で見落とされがちなこと

経営理念

経営改革で見落とされがちなこと

No.402 2003年10月号

お問い合わせ

今月の視点

良い会社は当たり前のことを当たり前のようにやり続けている会社である。絶えざる改善を続けながら、それを大きな改革に結び付けている。一方問題の起きる会社はどこかでおかしなことをやっているのにそれに気がつかない。また気がついていても、それを放置してしまう。

また次々と新しい経営手法を駆使し経営改革に取り組んでいるものの一向に成果の出ない会社がある。かえって社内に混乱と不信感を助長してしまっていることもある。

原理・原則を見誤って改革を進めているからである。

世は長く混迷を続けている。短期の成果を厳しく求められる時代であるだけに、何が大事なことで、何が当たり前のことなのかが分かり難くなっている。

今月は、何故当たり前のことが当たり前のようにやり続けられないのか、その問いかけを念頭に置きながら、経営改革で見落とされがちなことに触れてみたい。

目  次

 

  1. 1. 経営改革がうまく進まない理由
  2. 2. リーダーシップを発揮する上で気をつけておきたいこと
    (1) 安易に答えを求めず、正しい問いを発し続ける
    (2) 「強い思い」を持つ
    (3) 実感を率直に話し合う
  3. 3. 当たり前のことを当たり前にやり続ける

経営理念
関連項目

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別