HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 上流工程に重きを置いたシステム開発

情報システム・ERP導入 - 情報システム構築、ERP導入

上流工程に重きを置いたシステム開発

No.409 2004年5月号

お問い合わせ

今月の視点

情報システムは今やなくてはならない経営の道具である。
「事業の実態をより早く正確に把握できないか」
「業務処理を効率化して固定費負担をもっと軽減したい」
情報システムによせる期待ははますます高くなっている。

システム開発にかかる初期投資額及び保守料は損益に少なからぬ影響を及ぼす。品質はもとより適正な投資・費用でシステムを作り上げたいという経営の要請も忘れてはならない。

こうした経営の要請に応えていくこと、すなわち自社にふさわしい「経営の道具」を、適正なコストで、遅延なく手にすること、これがシステム開発の基本命題である。

今月はA社の事例をもとに、上流工程に重きを置いたシステム開発のあり方について考えてみたい。
なお、中流工程、下流工程については別の機会に取り上げたい。

目  次

  1. 1. 開発の基本手順
  2. 2. 「矛盾」をどう乗り越えるか
    (1) システム開発に至った背景
    (2) プロジェクト計画策定
    (3) 新システムマスタープランの策定
    (4) システムベンダー査定基準の作成
    (5) システムベンダーの選定
  3. 3. 留意点
    (1) 目的と事実から眼をそらさない
    (2) まずは「システム以前の問題」を片付ける
    (3) システムベンダーを選定する「眼」をもつ

情報システム構築、ERP導入
関連項目

実績

食品・飲料・アグリカルチャー
自社開発システムの導入支援

建設・不動産・住宅
次期基幹業務系情報システム構築プロジェクト支援

流通・小売
システム統合マスタープラン策定

食品・飲料・アグリカルチャー
基幹情報システムの開発

化学・金属・素材
情報システム刷新の支援

流通・小売
グループ会社で共同利用する統合システムの開発

流通・小売
複合商業施設における基幹システムの全面刷新

エレクトロニクス
ERPパッケージ導入の上流工程支援

交通・運輸・旅行
グループ経理の業務改革を指向した会計情報システムの構築

化学・金属・素材
営業形態の激変に対応した業務・システムの全面更新

流通・小売
現行システムの総点検に基づくITリスクの対策立案および管理体制の確立

消費財
エンドユーザー情報管理の仕組み・システム構築

化学・金属・素材
生産管理システムの構築

流通・小売
企業経営・事業推進を支える全社統合システムの構築

交通・運輸・旅行
全社統合情報システムの再構築

化学・金属・素材
ERPパッケージ導入の上流工程支援

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別