HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 組織改革の要点

組織・経営管理 - 組織機構改革

組織改革の要点

No.412 2004年8月号

お問い合わせ

今月の視点

業績は維持しつつも何となく社内の活力や問題意識の不足を感じる企業経営者が多い。 事業戦略の点検もおこない管理システムも強化し給与体系も成果主義に変えたが、 先行きの確かさを十分感じられないということがある。

このような際に、社員の意識改革が必要であると思い至る。

集合研修や年度計画の中での方針徹底などいろいろな手がさらに打たれるが、なかなか意識改革すなわち行動変革につながってこない。

そこで、組織を思い切って変えてみようとする。しかし、社内カンパニー制や執行役員制、 あるいは既存組織の統廃合等さまざまな手段が俎上にのぼり議論百出となるが、 形だけの組織変更となりいっこうに埒があかない。会社存亡の瀬戸際になり再建を遂げた結果、 企業が再生し結果的に組織改革ができる場合もあるが、平時はなかなかむつかしい。

今回は、組織改革の成功に向け本質的な検討課題を導きだすための基本的視点、 及び意識改革につなげるために取組むべきことについて、コンサルティング事例をもとに考えてみたい。

目  次

  1. 1. 組織問題と組織改革
  2. 2. A社の組織改革事例
  3. 3. 組織改革の検討における留意点
    (1) 2つの基本視点による検討課題の適切な設定
    (2) 最も活躍を期待する層に焦点をあてること
  4. 4. 意識改革につなげていくために取組むべきこと
    (1) 行動変革を実践していくための役割の直接確認
    (2) 意思決定のプロセスの中に自由な議論ができる場をつくりあげること
    (3) 複雑な管理会計からの脱却
    (4) 事業運営指針の確認と行動化
    (5) 経営者が現場情報をつかむための日課づくり
    (6) 人材育成に今一度目をむけること
    (7) 歴史観を社員に伝えること

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別