HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > グループ総合力を高めるために

経営戦略・事業計画 - グループ経営

グループ総合力を高めるために

No.418 2005年2月号

お問い合わせ

今月の視点

グループ経営という考え方自体は目新しいものではないが、企業の評価が連結ベースの体力や業績で行われるようになって以来、“連結経営”という言葉が脚光を浴び、連結業績の向上を目指してグループ経営体制の強化に取り組む企業が増えてきた。

型どおりにグループのビジョンや事業領域を定め、グループ戦略を打ち出し、グループ経営を担う組織や経営管理システムを整備した。
にもかかわらず、「グループ経営がなかなか軌道に乗らない」と漏らす経営者が少なくない。

今月は、コンサルティングの経験を基に、グループの総合力を高め、グループ経営の成果を高めるための視点についてとりまとめてみた。

目  次

グループ総合力を高めるために

  1. 1. グループの性格による課題の違い
    (1) 機能分担型企業グループの特色と課題
    (2) 多角化型企業グループの特色と課題
  2. 2. グループ総合力を高めるための視点
    (1) 企業グループの意義を再確認する
    (2) 企業を見る前に事業を見る
    (3) 経営管理サイクルを連動させる
    (4) 業績評価(経営評価)と事業評価を使い分ける

グループ経営
関連項目

実績

食品・飲料・アグリカルチャー
ガバナンス(企業統治力)強化によるグループ全体の収益力向上

観光・レジャー・外食
シェアードサービス会社の効率性・妥当性等に関わる調査

食品・飲料・アグリカルチャー
グループ経営および中期重点課題の検討

機械・エンジニアリング
グループのマネジメントスタイルの変革

建設・不動産・住宅
持株会社体制を視野に置いたグループ企業の再編

流通・小売
グループ経営基本方針の策定とシェアードサービスの導入

化学・金属・素材
グループ総合力を活かすための中長期計画の策定

交通・運輸・旅行
事業別の方向付けに基づくグループ経営計画の策定

エネルギー・ユーティリティ
連結経営に対応したグループ経営のあり方

エネルギー・ユーティリティ
グループ企業変革プロジェクトの長期継続支援

交通・運輸・旅行
オーナー系企業グループの将来構想策定

経営シリーズ

No.563 2017年3月号
中堅企業の海外事業運営の留意点

No.558 2016年10月号
改めて問う海外進出の意義

No.556 2016年8月号
海外市場からの撤退

No.541 2015年5月号
持株会社方式での経営統合推進の視点

No.517 2013年5月号
将来に向けたグループ再編

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別