HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 「鬼」になり「鬼」を育てる

経営理念

「鬼」になり「鬼」を育てる

No.420 2005年4月号

お問い合わせ

今月の視点

変革は、すべからく一人の「鬼」から始まる。その「鬼」が周囲に火をつけながら、変革は進んでいく。

「鬼」は、何とか実現したいとする「強い思い」と「強い主体者意識」を持っている。困難な問題から「逃げない勇気」、安易に答えを求めず、不器用なほど何が本質的なことかを「問い続ける執念」を持っている。また事は一人では成し得ないことを良く知っており、関係者の立場や気持ちを汲み取る「心の働き」を大事にする。

みずからの「使命感」と「役割」がしっかりと腑に落ちているからである。厳しい経営環境の中で切実に求められているのが、こうした「鬼」の存在であろう。リーダーが「鬼」にならなければ、「鬼」は育たない。

今月は経営の色々な場面を思い浮かべながら、「鬼」とは何かを考えてみたい。

目  次

「鬼」になり「鬼」を育てる

  1. 1. 変革に不可欠な「鬼」の存在
  2. 2. P~D~C~Aサイクルの徹底
  3. 3. 大切にしたい「所有感」
  4. 4. 実感を率直に話し合う
  5. 5. 衆議を尽くして一人で決める
  6. 6. 思い切って任せるが、心は深く関わる
  7. 7. 得意や持ち味を活かしきる
  8. 8. 「鬼」に求められる「逃げない勇気」
  9. 9. 「鬼」の育つ風土つくり

経営理念
関連項目

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別