HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 分社による事業分野別自立経営

経営戦略・事業計画 - 企業再編

分社による事業分野別自立経営

No.425 2005年9月号

お問い合わせ

今月の視点

会社分割法制の整備により分社を手段とした事業再編が多くなった。事業ごとに、市場に適した政策決定を迅速化し、経営効率を高め、経営責任を明確にするなど、事業経営の自立性を高めることを目的としている。

同様の目的をもった手段として分社の他に事業部制やカンパニー制があるが、分社には他の手段よりも大きなリスクが伴う。

独立した法人として扱われるようになるため、グループ内他事業との取引関係において法的制約が格段に増す。さらには、会社を分けることにより、親会社と子会社、事業会社と事業会社という関係になり、組織の壁が一段と高くなる。会社が分かれたことにより経営の実態が見えにくくなったということにもなりかねない。分社した事業会社の方針が創業以来のグループの理念から離れていくことも懸念される。

このようなリスクを抱えてまで分社するのは何故だろうか。今月はこうした問題意識を出発点として、分社により事業別の自立経営を成功させるにはどのようなことに留意すべきかを考えてみたい。

目  次

  1. 1. なぜ分社という方法をとるか
    (1) 社内の組織改革で起こりがちなこと
    (2) 分社であればこそ期待できる効果
  2. 2. 分社を成功させるには
    (1)事業のくくり方、機能のくくり方の基本原則
    (2)「経営者像」の設定
    (3)事業が見えるようにする
    (4)人事処遇による自立意識への働きかけ
    (5)抜かりなく準備する

企業再編
関連項目

実績

建設・不動産・住宅
事業承継と上場を見据えたグループ会社の再編

エネルギー・ユーティリティ
持株会社体制の総点検

自動車
株式移転による共同持株会社の経営体制構築支援

自動車
産業機器事業の撤退支援

食品・飲料・アグリカルチャー
子会社再編時の株価算定

交通・運輸・旅行
子会社再編時の株価算定

流通・小売
成長と効率化を目指したグループ組織体制の再編

エネルギー・ユーティリティ
成長と効率化を目指したグループ組織体制の再編

医療・福祉・ヘルスケア
合併作業支援および経営企画室サポート

交通・運輸・旅行
持株分社化の円滑な実施に向けての支援

食品・飲料・アグリカルチャー
分社化構想と具体化のための詳細プラン

自動車
グループ再編構想と準備

エネルギー・ユーティリティ
事業分野別関係会社再編

交通・運輸・旅行
純粋持株会社体制の構築

機械・エンジニアリング
純粋持株会社体制の構築

情報・通信・メディア
コストダウンのための合併基本フレーム構想

建設・不動産・住宅
グループ経営強化のための子会社の再編

交通・運輸・旅行
グループ再生マスタープラン

情報・通信・メディア
グループ内企業合併の推進支援

交通・運輸・旅行
グループ再編構想の策定支援

経営シリーズ

No.568 2017年8月号
吸収分割による企業再編

No.561 2017年1月号
企業再編における労働条件の統合

No.413 2004年9月号
合併を成功させるには

No.403 2003年11月号
民営化の進め方

経営のトピックス

グループ経営と持株会社

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別