HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 中東進出の留意点

営業・マーケティング・新規事業 - 営業戦略、マーケティング

中東進出の留意点

No.426 2005年10月号

お問い合わせ

今月の視点

日本企業にとっての海外での製造拠点、そして今後の有望市場といえば、まず第一に中国をあげる方が多い。弊社でもこれまで、「既存商品の中国での販売可能性評価」、「中国でのパートナー選定とデュー・ディリジェンス」、「中国での合弁企業の経営改善」といったテーマでコンサルティングを行ってきた。

しかし昨今アジアの遠方の国や、さらに中東諸国に関するご相談も受けるようになった。

中東地域は紛争が絶えず、経営リスクの管理をしっかり行う必要があることは言うまでもないが、必ずしも全ての国や地域が危険というわけではない。

「ドバイ・ドリーム」という言葉がある。ドバイでは商品が次々と売れてゆき、ドバイに進出した企業は大成功を納めるという意味である。需要が旺盛なのは確かであり、多くの日本企業も視察に訪れる。しかしながら、事業を軌道に乗せることのできる企業は限られている。

今月は、これまで行ってきた中東関連調査を振り返り、中東進出の留意点についてご紹介したい。

目  次

中東進出の留意点

  1. 1. 市場としての中東
    (1) 対象市場と購買力
    (2) 中東市場の特徴
    (3) 先行している商品・サービス
    (4) 日本企業が中東市場に対して訴求すべきポイント
  2. 2. イエローハットの事例に見る市場の魅力と留意点
  3. 3. 製造・開発拠点としての中東
    (1) 従業員の能力・資質
    (2) イニシャル・コスト/ランニング・コスト
    (3) 原材料・部材の調達
    (4) 政府による支援
  4. 4. その他中東参入にあたって留意すべきこと
    (1) 安全の確保
    (2) パートナーの選定
    (3) 参入の姿勢

営業戦略、マーケティング
関連項目

実績

流通・小売
アパレル企業における海外進出可能性の基礎調査

機械・エンジニアリング
海外進出対象国の需要調査と拡販策検討

交通・運輸・旅行
エリア戦略策定に向けた基礎データ整備

流通・小売
商圏内における日常使いの食品スーパーとしての地位の確立

食品・飲料・アグリカルチャー
環境変化に対応した営業戦略と組織体制の再構築

観光・レジャー・外食
ホテル事業におけるブランド戦略

観光・レジャー・外食
商品開発システムの構築

建設・不動産・住宅
未開拓地域への進出判断のための市場調査

観光・レジャー・外食
需要予測手法および収益性判断基準の確立

金融
セグメント別営業戦略の立案

経営シリーズ

No.528 2014年4月号
海外パートナーを活用した戦略展開

No.501 2012年1月号
顧客の声を聴く

No.460 2008年8月号
小さな企業の海外への挑戦

No.459 2008年7月号
新市場での製品開発を成功に導くには

No.451 2007年11月号
建設業における官公庁営業の再構築

公企業体
関連項目

経営シリーズ

No.435 2006年7月号
集客のヒント ~観光振興を例に

No.419 2005年3月号
公企業経営のヒント

No.403 2003年11月号
民営化の進め方

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別