HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 基本の徹底が会社を変える

組織・経営管理 - 企業理念浸透、組織風土改革

基本の徹底が会社を変える

No.437 2006年9月号

お問い合わせ

今月の視点

整理・整頓といった基本は、会社経営にとって大事なことであり、業績を上げ続けるための源泉であると多くの経営者は実感している。整理・整頓に限らず、良い会社は基本を大切にしている。
しかし一方で、「基本の徹底が思うように進まない、何とか徹底を図りたい」と悩む経営者も多い。また、「5Sを徹底しようと率先垂範をしているが、なかなか社員がついてこない。どうしたらよいか」という具体的な悩みを打ち明けられた経営者にお会いしたこともあった。

基本の徹底はある意味では当たり前のことである。当たり前のことではあるが実施し続けることはとてつもなく難しい。その難しいことを少しずつでも前に進めるためにはどうしたらいいのか、事例を通じていくつかのヒントを整理してみた。

目  次

基本の徹底が会社を変える

  1. 1. 基本の徹底は会社経営の基礎
    (1) 基本の徹底は業績を向上させる
    (2) 基本の徹底には時間がかかる
    (3) 基本の徹底は改善活動の基
  2. 2. 事例
    (1) 徹底すべき基本の確認
    (2) 具体的ルールの確認
    (3) 実施徹底の仕組み構築
  3. 3. なぜ基本の徹底ができないか
  4. 4. 基本の徹底・継続のヒント
    (1) 手順を踏むこと
    (2) 効果を測定すること
    (3) 説得よりも納得
    (4) トップの強い信念

企業理念浸透、組織風土改革
関連項目

経営シリーズ

No.546 2015年10月号
組織風土改革の視点

No.533 2014年9月号
意識・行動改革の進め方

No.491 2011年3月号
お客様の心に残るサービスの構築

No.448 2007年8月号
基本動作の徹底による業績向上

No.446 2007年6月号
問いかける姿勢

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別