HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 本社のスリム化

業務改革 - 業務改革、BPR

本社のスリム化

No.439 2006年11月号

お問い合わせ

今月の視点

良い会社の特徴として「小さな本社」があげられることがある。会社全体の収益性の観点からは本社費は小さいほうが望ましいという捉え方である。一方で、本社はしっかり機能して経営効率の向上や社員の活性化を後押しするという重要な役割を持っている。どうバランスをとるべきか唯一の答えがあるわけではない。
「本社のスリム化」は、かつてのバブル経済崩壊後の不況時に話題になったことがあるが、今も経営者の問題意識として伺う機会も多く、企業にとっては永遠に追求すべき課題のひとつである。

本社のスリム化の難しさは組織が持つ自己防衛本能、自己増殖本能との戦いになることである。この壁を突破し、同時に本社社員の活力を低下させない工夫が大切である。
今月は、プロジェクトチームを編成して本社のスリム化に取り組み所期の成果を達成したA社の事例をもとに、本社スリム化の進め方とそのポイントについて考えてみたい。

目  次

本社スリム化

  1. 1. 本社スリム化の一般動向
  2. 2. A社のコンサルティング事例
  3. 3. 本社スリム化のポイント
    (1) スリム化と機能強化は分けて考える
    (2) 削減目標を提示する
    (3) インプットの削減だけでなく、アウトプットの廃止・水準見直しにも踏み込む
    (4) 削減人員の活用方法は事前に明確にしておく
    (5) 削る側、削られる側という敵味方の関係にしない

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別