HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 小さな企業の海外への挑戦

営業・マーケティング・新規事業 - 営業戦略、マーケティング

小さな企業の海外への挑戦

No.460 2008年8月号

お問い合わせ

今月の視点

中国を中心とする東アジア・東南アジア諸国がめざましい経済発展を遂げ、世界の経済・産業における存在感を増し続けている。日本企業とりわけ中小企業はこれら諸国の攻勢を受け、厳しい競争にさらされている。
また2005年の国勢調査において、戦後初めて日本の人口が前年を下回り、以来減少が続いている。企業にとって、「生産人口の減少」と「国内市場の縮小」という、これまでに経験したことがない時代を迎えようとしている。
このような状況下で、多くの企業がコスト競争力の維持・強化のために海外生産に踏み切ったが、それにとどまらず、自らの強みを活かして、積極的に海外市場での事業拡大に挑戦する中小企業も少なくない。
ただ、大企業と比べて必要な情報が不足しがちな中小企業の海外進出には、より大きなリスクが伴う。これをいかに回避し、自らの強みをいかに活かすことができるかが成功の鍵を握る。

今月は、伝統技術を誇る「小さな日本企業」の事例を見ながら、海外展開の留意点を考えてみたい。

事例として採り上げた、海外における日本の打上花火の模様

目  次

小さな企業の海外への挑戦

  1. 1. 日本の中小企業の強み
  2. 2. 小さな日本企業の事例
    (1) 海外展開のきっかけ
    (2) 仕切りなおし
    (3) 対象市場の基本コンセプトの設定
    (4) ターゲットの明確化と市場性評価指標の設定
    (5) ターゲット国の選定
    (6) アプローチ方法の検討
    (7) 販促方針の決定
    (8) パートナーの選定
    (9) 生産体制の整備
    (10) 輸出体制の整備
    (11) 最後の問題
  3. 3. 留意点

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別