HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > ERPパッケージ導入のリスク対策

情報システム・ERP導入 - 情報システム構築、ERP導入

ERPパッケージ導入のリスク対策

No.502 2012年2月号

お問い合わせ

今月の視点

数年前にERPパッケージ(統合基幹業務システム)を導入された経営者から、次のような話を伺った。
 「当社のERPパッケージ導入は失敗だった。導入の過程で不適合が次々と発覚し、投資は想定より大きく膨らんでしまった。さらには無理に適合させた業務は煩雑化し、狙いだった業務効率化は全く実現されていない。」

 ERPパッケージは広く普及し、中堅企業での導入も増えている。確かに、既成概念にとらわれず業務システムを一新しようとする場合、豊富な実績を持ち、統合化が保証されたERPパッケージを一気に導入することは魅力的に見える。一方で、選択・導入を間違えると目的を実現できず、大幅な投資増を招く。ERPパッケージの導入には、オリジナル開発と異なる特有のリスクがある。

 ERPパッケージ導入のリスクを回避するためにいかなる手を打つべきか、いくつかの事例をもとに考えてみたい。

目  次

ERPパッケージ導入のリスク対策
1 ERPの特質
2 事例
 (1)A社(導入・開発段階での対策事例)
 (2)B社(要件定義段階での対策事例)
 (3)C社(ベンダー選定段階での対策)
3 ERPパッケージ導入の留意点

情報システム構築、ERP導入
関連項目

実績

食品・飲料・アグリカルチャー
自社開発システムの導入支援

建設・不動産・住宅
次期基幹業務系情報システム構築プロジェクト支援

流通・小売
システム統合マスタープラン策定

食品・飲料・アグリカルチャー
基幹情報システムの開発

化学・金属・素材
情報システム刷新の支援

流通・小売
グループ会社で共同利用する統合システムの開発

流通・小売
複合商業施設における基幹システムの全面刷新

エレクトロニクス
ERPパッケージ導入の上流工程支援

交通・運輸・旅行
グループ経理の業務改革を指向した会計情報システムの構築

化学・金属・素材
営業形態の激変に対応した業務・システムの全面更新

流通・小売
現行システムの総点検に基づくITリスクの対策立案および管理体制の確立

消費財
エンドユーザー情報管理の仕組み・システム構築

化学・金属・素材
生産管理システムの構築

流通・小売
企業経営・事業推進を支える全社統合システムの構築

交通・運輸・旅行
全社統合情報システムの再構築

化学・金属・素材
ERPパッケージ導入の上流工程支援

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別