HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 企業理念浸透の工夫

経営理念

企業理念浸透の工夫

No.521 2013年9月号

お問い合わせ

今月の視点

  企業は、常に壁にぶつかりその壁を乗り越えながら発展、成長していく。その原動力の要となるものが企業理念である。企業理念がトップのリーダーシップのもと役員から社員までしっかりと共有化されている企業は、危機に直面してもそれを乗り切る力を持っている。経営改革を進める上で「経営を何のために行うのか、そしてそれを如何に行っていくのか」という経営姿勢すなわち企業理念を共有化し定着させることが極めて大切であることを、多くの経営者の考え、行動から学ばせていただい。
  松下幸之助氏は著書である「実践経営哲学」の中で、「まず経営理念を確立すること。経営の健全な発展を生むためには、まず経営理念をもつことから始めなければならない。事業経営においては、技術力も大事、販売力も大事、資金力も大事、また人も大事といったよう大切なものは個々には色々あるが一番根本になるのは正しい経営理念である」と述べている。
  今月は、企業再建を契機に企業理念を再興した企業の事例をもとに、企業理念の大切さについて考えてみたい。

目  次

企業理念浸透の工夫
1 企業理念とは
2 A社の事例
3 企業理念浸透の要点
おわりに

経営理念
関連項目

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別