HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 持株会社方式での経営統合推進の視点

経営戦略・事業計画 - グループ経営

持株会社方式での経営統合推進の視点

No.541 2015年5月号

お問い合わせ

今月の視点

  企業文化や事業モデル、経営スタイルが異なる企業同士が経営統合を図る場合の手段の一つに、共同持株会社の設立がある。確かに、統合の本来の目的である事業再編や機能統合には時間がかかるため、それぞれの企業の構造は一旦そのままにして経営統合し、事業再編や機能統合等は経営統合後にじっくり取り組もうとする場合には、有効な手段である。合併に向かうため
の第一ステップとしてまず共同持株会社を設立するという例もある。
  しかしながら、それまで独立した事業展開をしてきた企業同士が経営統合をする場合、それぞれの企業の経営幹部の思惑の違いや、社員の複雑な思い、企業文化の違い等が障害になって、足並みを揃えた取り組みが思うように進まないことがある。経
営統合後数年が経過してもなお、所期の狙いが十分に達成されないと悩む企業グループも少なくない。

  今月は、共同持株会社方式での経営統合を軌道に乗せるための視点について考えてみたい。

目  次

持株会社方式での経営統合推進の視点
1 経営統合において持株会社を活用する意義
2 A社の事例
3 持株会社方式での経営統合推進の視点
(1) 経営統合の意義と目的の共有化のために時間を割
(2) 統合の施策検討を現場レベルの協同作業で行う
(3) 統合効果が早期に実感できるよう検討の重点を絞り込む

グループ経営
関連項目

実績

食品・飲料・アグリカルチャー
ガバナンス(企業統治力)強化によるグループ全体の収益力向上

観光・レジャー・外食
シェアードサービス会社の効率性・妥当性等に関わる調査

食品・飲料・アグリカルチャー
グループ経営および中期重点課題の検討

機械・エンジニアリング
グループのマネジメントスタイルの変革

建設・不動産・住宅
持株会社体制を視野に置いたグループ企業の再編

流通・小売
グループ経営基本方針の策定とシェアードサービスの導入

化学・金属・素材
グループ総合力を活かすための中長期計画の策定

交通・運輸・旅行
事業別の方向付けに基づくグループ経営計画の策定

エネルギー・ユーティリティ
連結経営に対応したグループ経営のあり方

エネルギー・ユーティリティ
グループ企業変革プロジェクトの長期継続支援

交通・運輸・旅行
オーナー系企業グループの将来構想策定

経営シリーズ

No.563 2017年3月号
中堅企業の海外事業運営の留意点

No.558 2016年10月号
改めて問う海外進出の意義

No.556 2016年8月号
海外市場からの撤退

No.517 2013年5月号
将来に向けたグループ再編

No.503 2012年3月号
海外現地法人マネジメントの留意点

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別