HOME > 経営のトピックス > バックナンバーリスト  > 社内ベンチャーによる新規事業開発

営業・マーケティング・新規事業 - 新規事業の探索・開発

社内ベンチャーによる新規事業開発

お問い合わせ

社内ベンチャーによる新規事業開発

  • 社内ベンチャー制度とは、社員から新しい事業アイデアを募り、その実現を会社が支援する仕組み。
  • 制度の形は、完全独立型、出向型、社内型の3つ。目的と風土とあわせて効果の出る仕組みづくりを。

まずもって目的を明確にする

  • 新規事業の探索・推進
  • 既存事業の展開・拡大
  • 人材・組織の活性化、人材育成・発掘
  • 多様な仕事観、ライフスタイルへの対応
  • 雇用の創出、吸収

主眼が何かによって制度の中身も自ずと異なる。

経営理念との関連を明らかにする

目的の背景には、経営理念・企業使命がある。社内ベンチャー制度の創出に至った必然性がある。
理念・使命を基盤としてしっかり関連づけることで、その一翼を担うという大きなよりどころ、活力につながる。

自社らしい仕組みの構築

企業には独自の歴史があり、社風も環境も異なる。制度構築にあたって他社の事例にとらわれることなく、手作りの制度を練り上げることが重要である。

並行して複数の手を打つ

社内ベンチャー制度はあくまでも目的を果たす手段のひとつに過ぎない。制度導入にあたって掲げられる目的は企業にとって重要なものばかりであり、 その目的達成に資する他の施策もあわせて打ち出すことで相乗効果を生み、社内ベンチャー制度自体の成功にもつながる。

実現可能性の確保

社内ベンチャー制度にはいくつかの成功例を見る反面、導入後何年かを経てすでに制度が形骸化しているケースもある。会社の風土・実情にあわせて、応募から起業・運営に至るまでの支援機能をしっかりと組み立て、息の長い運用が現実に可能な仕組みにする工夫が不可欠である。

さらに詳しい資料をご覧になりたい方は、下記のお申し込みページよりご請求いただくか、下記連絡先まで直接お問合せください。
(無料で対応いたします。)
当社担当者から確認の連絡を差し上げた上、至急送付させていただきます。

経営のトピックスのお申し込み

新規事業の探索・開発
関連項目

実績

機械・エンジニアリング
工作機械メーカーにおける部品加工事業への進出支援

流通・小売
BtoBのイーコマース事業の事業化可能性調査

教育
通信制高校の事業化可能性調査

金融
ケーススタディに基づく新規事業関係者向け研修

交通・運輸・旅行
新事業開発の取組方針に係る具体化検討業務

交通・運輸・旅行
新規事業への参入の見極めに向けた調査

公的セクター
新たな情報流通システムの基本構想の策定

情報・通信・メディア
情報サービス事業の新規事業企画立案

化学・金属・素材
工業製品事業部構造改革プラン ~新製品分野の探索と原価計算のあり方

交通・運輸・旅行
次世代中核事業の探索

消費財
競争事業拡大戦略の立案

交通・運輸・旅行
新規事業候補の評価と想定モデル作り

自動車
新製品分野の探索と新製品開発の推進

医療・福祉・ヘルスケア
医療・福祉の統合ケアサービス事業の可能性調査

交通・運輸・旅行
医療・福祉の統合ケアサービス事業の可能性調査

化学・金属・素材
環境事業分野の新規事業の探索・選定

情報・通信・メディア
モバイル関連新規授業の企画立案および新会社設立支援

経営シリーズ

No.551 2016年3月号
新規事業の事業モデルの評価

No.465 2009年1月号
事業アイデアの創出

No.411 2004年7月号
民間の活力を引き出すPFI事業化のポイント

No.405 2004年1月号
PFI事業に取り組むには

No.383 2002年3月号
PFIを実現するための要点

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別