HOME > 経営のトピックス > バックナンバーリスト  > 最適な情報システムを構築する

情報システム・ERP導入 - 情報システム構築、ERP導入

最適な情報システムを構築する

お問い合わせ

  • システムの更新、特に企業の経営管理、事業推進を支える基幹システムの更新は何年かに一度、経営陣を悩ませる、そしていつも装いを新たに顕在化する経営課題です。なぜ、新しい側面を見せるのか、それはIT技術の進展もさることながら、企業を取り巻く環境変化、経営課題の変遷によって情報システムに対する経営からの要請が新しくなるからです。
  • 先進的なIT技術を競争力強化に活かせないか、新旧入り交じった現行システムを効率の高い統合システムに一新したい、 その動機、きっかけは様々です。
  • そこに共通しているのは、企業運営・事業運営に役に立ち、かつ現場が納得づくで運営するシステムを構築したいという願いです。 「自社にふさわしい本格的な情報システム」、自社の特性を踏まえた最適な“特殊解”が求められます。
  • 情報システムは「企業経営の道具」です。大きな投資を必要とする情報システムの更新を 単に情報インフラ整備といった道具の切り替えにとどまらず、管理制度や業務処理を見直す絶好の機会ととらえて 「まず事業ありき、経営ありき」で考えることで最適化を求めるのが成功に向けての確実な近道です。

成否の鍵はシステムの上位概念の体系化・具体化にある

・「なぜ」(背景)と「何のために」(目的)が出発点
~道具であるシステム事態は目的になり得ない
・まずは「システム以前の問題」から
~システムを使い何に対して何を実現するか

経営の道具としてのQ、C、Dを上流工程で作り込む

計画
Q 品質 = 目的適合性、実現性・継続性、経済効果の保証
C 投資 = 妥当な投資・運用費用予算の設定
D 納期 = 合理的なスケジュール策定、最短期間追求
・上流工程(システム開発に入る前)で成功の確証を得る
~上流はプロジェクト計画、マスタープラン、ベンダー/ERP選定
~とりわけ基本構造を決めるマスタープランを重視する

着手から首尾一貫したプロジェクト管理機能を確立する

・安定運用までQ、C、Dを集中コントロールする
~目標品質を確保し、予算・スケジュールを厳守する

さらに詳しい資料をご覧になりたい方は、下記のお申し込みページよりご請求いただくか、下記連絡先まで直接お問合せください。
(無料で対応いたします。)
当社担当者から確認の連絡を差し上げた上、至急送付させていただきます。

経営のトピックスのお申し込み

情報システム構築、ERP導入
関連項目

実績

食品・飲料・アグリカルチャー
自社開発システムの導入支援

建設・不動産・住宅
次期基幹業務系情報システム構築プロジェクト支援

流通・小売
システム統合マスタープラン策定

食品・飲料・アグリカルチャー
基幹情報システムの開発

化学・金属・素材
情報システム刷新の支援

流通・小売
グループ会社で共同利用する統合システムの開発

流通・小売
複合商業施設における基幹システムの全面刷新

エレクトロニクス
ERPパッケージ導入の上流工程支援

交通・運輸・旅行
グループ経理の業務改革を指向した会計情報システムの構築

化学・金属・素材
営業形態の激変に対応した業務・システムの全面更新

流通・小売
現行システムの総点検に基づくITリスクの対策立案および管理体制の確立

消費財
エンドユーザー情報管理の仕組み・システム構築

化学・金属・素材
生産管理システムの構築

流通・小売
企業経営・事業推進を支える全社統合システムの構築

交通・運輸・旅行
全社統合情報システムの再構築

化学・金属・素材
ERPパッケージ導入の上流工程支援

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別