HOME > 経営のトピックス > バックナンバーリスト  > CSR(「企業の社会的責任」)の捉え方

組織・経営管理 - CSR経営・ISO等認証取得支援

CSR(「企業の社会的責任」)の捉え方

お問い合わせ

CSRへの取り組みが問われる時代に

「企業の社会的責任」(CSR:Corporate Social Responsibility)が経営の重要課題として注目されている。

CSRとは、“経済”、“環境”、“社会”問題に対して、企業はバランス良く責任を果たしていくべきであるという考え方(理念)である。
最近注目を集める背景には、環境問題への関心の高まりや企業の不祥事の多発などによって、 企業を取り巻くステークホルダーの価値観が変化してきていることが挙げられる。

CSR経営は21世紀の企業経営にとって重要な鍵となると考えられ、将来を展望した対応が必要となってきている。

  • 株主・投資家

    有利な直接金融
  • 顧客

    販売機会の維持・拡大
  • 仕入先

    適正取引、協同推進
  • 経営者

    リスクの回避
  • CSR対応に
    優れた企業

    社会的評価の向上
  • 金融機関

    有利な間接金融
  • 社員

    優秀な人材の確保
  • 地域

    地域からの信頼・支持
  • 官公庁

    罰金回避、補助獲得

「企業の社会的責任」の課題領域例

CSR経営の課題領域

「企業の社会的責任」経営の要点

  • CSR経営はリスクマネジメントという側面をもつが、基本的には、競争優位を築く戦略である。
  • 戦略と捉えると、企業を取り巻く環境を見極め、重点を置くことが肝要である。
  • マネジメントシステムの構築、運用を通じて、強固な企業風土をつくることも大きな眼目である

さらに詳しい資料をご覧になりたい方は、下記のお申し込みページよりご請求いただくか、下記連絡先まで直接お問合せください。
(無料で対応いたします。)
当社担当者から確認の連絡を差し上げた上、至急送付させていただきます。

経営のトピックスのお申し込み

CSR経営・ISO等認証取得支援
関連項目

経営シリーズ

No.432 2006年4月号
CSR(企業の社会的責任)経営

No.393 2003年1月号
環境保全の経営戦略への統合

No.391 2002年11月号
環境マネジメントシステムの構築

No.372 2001年4月号
ISO9000認証取得

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別