HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > 実施定着されるプランづくり

組織・経営管理 - 企業理念浸透、組織風土改革

実施定着されるプランづくり

No.390 2002年10月号

お問い合わせ

今月の視点

事業再構築、人事制度改革、中期計画策定など様々なプロジェクトのコンサルティングで、 常に直面する課題はいかに実施される制度・プランをつくり上げるかということである。
プロジェクトの目的は、制度・プランづくりではなく、それを実施定着し、効果を生み出すことにある。 実施されないプランは、それがいかに優れたものであっても、価値はない。 そのプロジェクトに参加したメンバーの意識やスキル向上にはつながるが、企業体質は変革できない。
全社的な意識改革を必要とするプロジェクトでは、従来の成功体験にとらわれることなく、 企業体質をより前向きな方向にもっていけるかどうか、「確かに会社が変わり始めている」と 感じられるような目に見える具体的な動きを打ち出し、社員のやる気を引出していけるかどうかが重要な鍵となっている。

今月は、中期計画策定の事例をもとに、実施定着されるプランづくりのポイントについて考えたい。

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別