HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > コスト削減意識の定着

業務改革

コスト削減意識の定着

No.599 2020年3月号

お問い合わせ

今月の視点


純粋持株会社を設立する目的は、M & A を加速させたい、グループ企業間のシナジーを追求したい、グループ企業の自律経営を促したい、グループ経営資源の戦略的配分を行いたい、節
税対策を行いたい、などさまざまである。
しかし、設立後に内外の経営環境が変化したり、経営の方向転換が必要となったりすることにより、当初の目的を見直して持株会社の機能を再編することも多い。また、当初の目的に照
らして、十分に持株会社を活用できているのだろうか、もっとまく活用できるのではないかという思いが湧いてくることもある。
今月は、グループの経営方針に合わせて持株会社のあり方を見直した企業の事例を参考に、純粋持株会社の機能を検討する際の留意点を考えたい
  企業が利益を増やすためには、「売上増加」と「コスト削減」の両面がある。
  売上は、景気変動や顧客の嗜好変化、競合先の戦略などの外部要因の影響を受けざるを得ない。
  一方、コストは、自助努力により削減できることが多く、一人ひとりの意識を高めて工夫を積み重ね、継続・徹底することで利益体質を強化することができる。その意味でコスト削減を継続する力を付けることは、外部環境に左右されにくい、まさに「稼ぐ力」を付けることになる。
  今月は、コスト削減運動に取り組んだA社グループの事例を紹介し、コスト削減意識の定着を図り、利益体質強化にまでつなげていく際の留意点を考えてみたい。


目 次

コスト削減意識の定着
  1 A社グループの事例
  2 コスト削減意識の定着の留意点  

業務改革
関連項目

実績

観光・レジャー・外食
旅館の業務改革・収支改善

エレクトロニクス
生産管理システムの刷新

サービス
働き方改革を推進するための社員意識調査

食品・飲料・アグリカルチャー
自社開発システムの導入支援

建設・不動産・住宅
次期基幹業務系情報システム構築プロジェクト支援

流通・小売
システム統合マスタープラン策定

機械・エンジニアリング
生産性向上、余力創出のための業務改善

金融
働き方改革

食品・飲料・アグリカルチャー
基幹情報システムの開発

化学・金属・素材
情報システム刷新の支援

消費財
業務プロセスの再点検 ~ボトルネックの発見と改善策の策定

化学・金属・素材
間接部門における改革推進活動支援

流通・小売
グループ会社で共同利用する統合システムの開発

流通・小売
複合商業施設における基幹システムの全面刷新

エレクトロニクス
ERPパッケージ導入の上流工程支援

交通・運輸・旅行
グループ経理の業務改革を指向した会計情報システムの構築

エレクトロニクス
間接部門のスリム化

化学・金属・素材
営業形態の激変に対応した業務・システムの全面更新

金融
自立可能な戦略型支店を目指した支店マネジメントの向上

流通・小売
現行システムの総点検に基づくITリスクの対策立案および管理体制の確立

建設・不動産・住宅
受注力強化のための業務の確立と情報基盤の整備

消費財
エンドユーザー情報管理の仕組み・システム構築

消費財
営業・生産接点業務の再構築

化学・金属・素材
生産管理システムの構築

情報・通信・メディア
業務改革基本プランの策定

流通・小売
企業経営・事業推進を支える全社統合システムの構築

建設・不動産・住宅
間接業務の見直しによる生産性向上

交通・運輸・旅行
全社統合情報システムの再構築

情報・通信・メディア
全社業務改革

化学・金属・素材
ERPパッケージ導入の上流工程支援

流通・小売
本社機能の改革 ~事業部門サポートを重視したスリムな本社

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別