HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > ソフト重視の地方創生

経営戦略・事業計画 - 地域産業活性化

ソフト重視の地方創生

No.610 2021年2月号

お問い合わせ

今月の視点

 
東日本大震災以降、国内で頻繁に地震や豪雨による災害が発生している。被災した各地の市町村は、自治体や住民等関係者の懸命な取り組みにより、少しずつ生活環境を取り戻しつつあ
るが、復興は道半ばである。
避難先から早々に帰宅し、再起を期して生活をはじめる住民もいれば、地域の将来が見えず不安を感じている住民もいるのが実情であり、帰宅住民一人ひとりの気持ちを尊重しながら再
生のための環境整備に苦労している自治体も少なくない。
刻々と被災地の状況が変化し、インフラなどのハード面の復旧がある程度進んだ状況下で、帰宅住民や移住する人々が安心して健やかな生活を送れるための仕組みや環境整備などのソフ
ト面の充実が地方行政に求められている。
今月は、ある地域における災害発生から復興に至るまでの地方自治体の取り組みを例に、これからの地方創生のあり方について考えてみたい。
  東日本大震災以降、国内で頻繁に地震や豪雨による災害が発生している。被災した各地の市町村は、自治体や住民等関係者の懸命な取り組みにより、少しずつ生活環境を取り戻しつつあるが、復興は道半ばである。
  避難先から早々に帰宅し、再起を期して生活をはじめる住民もいれば、地域の将来が見えず不安を感じている住民もいるのが実情であり、帰宅住民一人ひとりの気持ちを尊重しながら再生のための環境整備に苦労している自治体も少なくない。

  刻々と被災地の状況が変化し、インフラなどのハード面の復旧がある程度進んだ状況下で、帰宅住民や移住する人々が安心して健やかな生活を送れるための仕組みや環境整備などのソフト面の充実が地方行政に求められている。
  今月は、ある地域における災害発生から復興に至るまでの地方自治体の取り組みを例に、これからの地方創生のあり方について考えてみたい。


目    次

ソフト重視の地方創生
1 地方自治体Aの事例
(1) 行政の悩み
(2) 復興状況の確認
(3) 人口予測シミュレーションの実施
(4) 住民へのニーズ調査
(5) 地域の将来を位置づける“柱”の明確化
(6)“ 柱”の検討内容、取り組み順序の明確化
(7) 新規就農育成シナリオの作成
2 将来の地域創生に向けたソフト整備の留意点
(1) 行政のお客様である“住民”のニーズを確かめる
(2) 地域の未来を決める“柱”を見つけ出す
(3) 地域住民と関係者との協同作業を実践する

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別