JMS 日本経営システム

経営シリーズ

最新号

「経営シリーズ」は年間予約購読にてご購読いただいています。また、最新号の追加、バックナンバーは1冊よりお求めいただけます。

年12回 毎月1日発行/郵送による直送/A5判/
年間予約購読料(税・送料込み、年12冊)2,160円/1冊(税・送料込み)180円
お申し込み
  • 経営戦略・事業計画
  • サステナビリティ経営

サステナビリティ経営の浸透の工夫

No.646 | 2024年2月号

今月の視点


 サステナビリティ対応は経営のキーワードとなりつつあり、経済や社会の発展、環境・人権問題に向き合うことを、企業はより強く求められている。法令、コーポレートガバナンス・コード、サプライチェーンの他社からの要請等が、サステナビリティの取り組みを後押ししている。

 多くの企業は、これまでも社会貢献活動に取り組んできたが、最近では自社の中長期的成長にとって特に重要なテーマ(マテリアリティ)に焦点を当て経営資源を投じる考え方が広まっている。さらに持続可能な社会をつくることに直接役立つ要素を製品・サービスの付加価値に盛り込むなど、事業を通じた取り組みも見られる。

 一方、外部要請への間に合わせ対応に留まっている、従業員に考え方がなかなか浸透しない、目標が理想論的な水準になってしまうなど、サステナビリティの推進に実効性が伴っていないという悩みを聞くことも多い。

 今月はサステナビリティ経営の推進における留意点ついて事例を通じて考えてみたい。

目次

  • 1 サステナビリティ対応の検討ステップ
  • 2 A社の事例
  • 3 B社の事例
  • 4 留意点

バックナンバー 最新刊を除く過去6号分をご覧いただけます。

2024

2023

ピックアップ