JMS 日本経営システム

経営コンサルティング | 情報システム

基幹システムの刷新

企業の経営管理、事業推進を支える基幹システム更新が経営課題として浮上する背景には、IT技術の進展もさることながら、企業を取り巻く環境変化、経営課題の変遷によって生まれる情報システムに対する経営からの新たな要請があります。

このように捉えると、情報システムの更新は、「情報インフラの整備」にとどまらず、今後の事業推進や組織運営を見据えて経営を支える管理制度や業務処理、情報管理を見直す節目、機会と位置づけることができます。

企業規模の大小、事業分野によってシステム投資の規模は異なりますが、企業にとって決して小さな投資ではありません。社内の労力をつぎ込む必要もあります。自社にとって最適なシステム品質、適正な投資費用、最短の開発・導入期間を実現するには、システムベンダー依存ではなく、ユーザー側としてプロジェクト管理をしっかり行っていくことが不可欠です。

日本経営システムは、システム品質(Q)、投資費用(C)、開発・導入期間(D)の最適化とリスクの最小化を図るべく、ユーザー側の立場に立って、プロジェクト管理と付帯する必要作業の実施をサポートいたします。

ユーザー側プロジェクト管理の工程編成

経営コンサルティング

経営コンサルティング

経営戦略・事業計画

組織・経営管理

業務改革

企業再編・PMI・ IPO

人事制度・人材育成

情報システム

海外コンサルティング

その他

公企業体コンサルティング

調査・研修