JMS 日本経営システム

公企業体コンサルティング

病院改革

病院の収益を改善するために、病院全体の課題の重心がどこにあるのかを見定めます。病院が置かれている状況をよく理解し、次の3つの主な課題領域から取り組むべき課題を明確にします。

3つの主な課題領域

課題領域の設定

取り組むべき課題は現状分析によって明確化します。収益体質の改善から着手すべきなのか、抜本的に事業構造を改革することが必要なのか、軽重をつけながら課題を認識します。病院の永続的な成長を支えるための課題として内部管理の充実を重視することもあります。

検討の姿勢

経営者の意思に沿った検討内容とするために、経営者のニーズを検討の基本軸とします。
また、病院職員が職種別の部門に所属するという環境から離れた上で、病院全体の経営課題に主体的に取り組むようになることが大切です。そのために、病院の各部門職員からなる専門委員会を組成して検討を重ね、経営者に検討経過を報告し討議を経ながら着実な収益改善策を作り上げていきます。

経営コンサルティング

経営コンサルティング

経営戦略・事業計画

組織・経営管理

業務改革

企業再編・PMI・ IPO

人事制度・人材育成

情報システム

海外コンサルティング

その他

公企業体コンサルティング

調査・研修