JMS 日本経営システム

経営コンサルティング | 情報システム

現行システムの分析・評価

自社の情報システムに対して、高コスト構造、機能欠落・不足&改修遅滞、セキュリティ不安、障害発生などで不満や不安を抱いている経営者は少なくありません。

情報システムは、投資・運用コスト構造、機能構造・水準とも固定的、硬直的で、即効性のある対策には限りがあります。例えば、システムコストは初期・追加投資、ライセンス契約、保守契約、運用人件費・外注費等によってほとんどが固定費となっています。

このような経営者や利用部門が抱く不満や不安の要因を突き詰めてみると思わぬ事実や課題が見つかることがあります。多くの問題は、下記の要素の複合要因で引き起こされています。

日本経営システムは、情報システムの“構造改革”に向けて、現行システムを下記の視点から点検・評価した上で、当面の対応を必要とする短期課題、要件統制・運用管理体制などの組織的課題、システム更新や契約更新が契機となる中期課題を整理するとともに、解決の方向性の検討をサポートします。

経営コンサルティング

経営コンサルティング

経営戦略・事業計画

組織・経営管理

業務改革

企業再編・PMI・ IPO

人事制度・人材育成

情報システム

海外コンサルティング

その他

公企業体コンサルティング

調査・研修