JMS 日本経営システム

経営コンサルティング | 情報システム

企業再編に伴うシステム統合

M&Aや企業再編の実効を上げるために、システム統合は必要条件といえます。

下図のように、M&Aにおけるコストシナジーの大きな眼目のひとつになるのはもちろんのこと、アップサイドシナジーを創出する重要なステップでもあります。

上記1、2ともに、まずはシステム統合の前提条件となる以下のような事項について、共通点、相違点を明らかにし、共通化 or 複線化、基準統一化 or 併存化といった基本方針および管理・業務の基準を具体化した上で、システム統合案を設計する必要があります。

システム統合の前提条件
・対象市場・顧客・商品サービス分野
・生産・商流・物流の形態・条件
・業務・会計処理基準
・組織編成
・計数管理セグメント・指標 等

日本経営システムは、管理、業務、システムの詳細な現状分析を通じて、システム統合の選択肢を設定・評価した上で、システム統合方針(必要に応じて段階シナリオ)を決定し、統合後の全体像(機能構成・概要、機能間連携)を設計します。

経営コンサルティング

経営コンサルティング

経営戦略・事業計画

組織・経営管理

業務改革

企業再編・PMI・ IPO

人事制度・人材育成

情報システム

海外コンサルティング

その他

公企業体コンサルティング

調査・研修